2008年12月30日

東京上嘉鉄会からのお便り

★記事を読まれる前に見てください。喜界島の関連ページです★

    ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■

       http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

 連日暑い日が続いておりますが、その後お変わりなくお過ごしのことと思います。

 毎月「上嘉鉄魂」をご送付賜り、ありがとうございます。仕事に追われ、お礼も出せず、失礼申し上げます。

 遠隔地にいる者としては「上嘉鉄魂」によって上嘉鉄集落の動向を知ることができまして、本当にうれしく思っております。厚くお礼申し上げます。

 さて、先月7月6日には新宿の「三平」におきまして、年1回の「東京上嘉鉄会」が開催されました。

 27名の参加者を得まして盛会に執り行うことができました。その総会におきまして3万円を「上嘉鉄魂編集者」へご寄付をすることが承認されましたのでご連絡申し上げます。

 少額ですが、お役に立てていただければと存じます。

 ご賛同頂いた出席者並びに関東上嘉鉄会の名簿を同封いたしました。
(名簿略)

 東京も暑い日が続いております。酷暑の折柄、十分ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

                 敬具
 関東上嘉鉄会 会長 福永 永廣

        幹事長 森田 悦史


平成14年9月 「上嘉鉄魂」第52号 掲載



posted by hathitu at 06:22| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

名瀬郷友会からのお知らせ

 名瀬郷友会からのお便り

 残暑厳しい日々が続いている昨今ですが、益々ご清祥のことと思います。

 さて、毎月送付して戴いている「上嘉鉄魂」楽しく拝読しています。誠に意義深い「上嘉鉄魂」の取り組みに感動し、皆さんのご努力に頭の下がる思いです。

 お陰様にて私たち故郷を後にした者にとっては、島の行事、出来事等、島の様子を知ることができ、この上もない喜び、懐かしさが甦ります。有り難うございます。

 今後もお互い連携を取りながらできるかぎり故郷との繋がりを密にして、視野を広め、少しでも郷友会の存立発展の為に役立て貢献ができればと思っています。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 私たち名瀬在住上嘉鉄郷友会も発足以来45年も続いております。名瀬に数多くの喜界集落の出身者がいますが、「八月踊り」「運動会(レクリエーション)」「敬老会」の三大行事を毎年実施しているのは、私たち上嘉鉄の郷友会だけだと全会員が自負しているところです。

 これは根強い故郷志向が異郷の地での故郷に思いを馳せる気持ちが人一倍故郷を偲ばせると同時に、先輩諸兄の活躍と確固たる基礎を築いてくれたものだと思うと皆さんに深々と頭を下げざるを得ません。

 わたしたちの郷友会も時代と共に二世参加が少なく高齢者が多くなり心配しているところです。

 特に八月踊りの件につきましては年輩の歌者、踊り手が少なく持続が心配されましたが、上嘉鉄八月踊り保存会のみなさんの心温まる、数回の来瀬ご協力により、一層の盛り上がりをもたらしてくれました。

 その後は皆さんの励ましによりどうにか自分たちにもやればできるものだという自信を持ちました。保存会の皆さんに改めて心からこの紙上でお礼申し上げます。

 近年中にも私たち名瀬郷友会会員も島に行き、共に交流を深める機会を持ちたいと思っています。その時はよろしくお願いいたします。

 最後に「上嘉鉄魂」を讃えると共に皆様のご多幸をお祈りいたします。

       名瀬在住上嘉鉄郷友会 会長 盛山 弘一




平成11年9月1日 「上嘉鉄魂」第16号 掲載
posted by hathitu at 07:42| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

沖縄郷友会からのお便り

 暑中お見舞い申し上げます。

 平素はご無沙汰しておりますことをお許しください。どうぞ健康な汗で,お元気にお過ごしください。

 さて,貴殿より度々「上嘉鉄魂」をお送りいただきながらお礼を申し上げず,今日まで失礼しておりますことを深くお詫び申し上げ,併せて,厚くお礼申し上げます。

 去年は,生島さんが八月踊り保存会の方々を連れて来沖し,今までかつてない親睦会を催して下され全く夢心地で感無量でした。

 日頃故郷の方々と接する機会がない私ども,在沖縄の郷友たちは郷愁の念にかられました。

 その余韻は今も残っています。私も島を離れて,いつの間にか45年の歳月が経ちました。

 その間,愛郷の念を抱きながら何一つお役に立てなくて深く恥じ入る次第です。

 時は流れ世は変わり,島の生活も都会並みとなり,あらゆる面で様相が一変しましたが,常に変わらない島人の人情は尊いものです。

 過疎化の中で若者も少なくなった島でも,あらゆる活動で活性化に努力しておられる貴兄に心から敬意を表します。

 他方,在沖縄の郷友は,各市町村別の活動はありますが集落単位の活動は乏しく特に上嘉鉄は,一世が10世帯ですので何らの活動も致しておりません。

 その事について折りにふれて何とかしなくてはと思いながらも誰からも声がなく私も何かと雑事に紛れて立ち上がれません。

 在阪の上嘉鉄親和会などは活発に活動しており羨ましく思っています。

 我が上嘉鉄は喜界島の中でも教育,スポーツ,農業生産等全ての面で先んじておりその事を誇りに思っています。

 又,皆様の「上嘉鉄魂」も他に類のない活動であり,無私の心でひたすら愛郷の表れであり,在郷者はもとより,私ども在外の者にとっても心の触れ合いの場を提供してくれます。

 長々と虚言になりましたがまずはお礼申し上げると共に今後とも一層のご活躍をよろしくお願い申し上げます。

               沖縄 秋田 秋貞


   平成11年10月1日(金)「上嘉鉄魂」第17号

posted by hathitu at 07:45| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■2008年12月■ ■2009年1月■2009年2月■
RSSへのリンク新着情報をお知らせします。RSSをお持ちの方はぜひご登録ください。
■関連サイト、ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へもよろしく■
サイト内検索ご利用ください。気になる言葉を入力するとお探しの記事がヒットします。

2008年12月30日

東京上嘉鉄会からのお便り

★記事を読まれる前に見てください。喜界島の関連ページです★

    ■ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ■

       http://umooriyokikaijima.seesaa.net/

 連日暑い日が続いておりますが、その後お変わりなくお過ごしのことと思います。

 毎月「上嘉鉄魂」をご送付賜り、ありがとうございます。仕事に追われ、お礼も出せず、失礼申し上げます。

 遠隔地にいる者としては「上嘉鉄魂」によって上嘉鉄集落の動向を知ることができまして、本当にうれしく思っております。厚くお礼申し上げます。

 さて、先月7月6日には新宿の「三平」におきまして、年1回の「東京上嘉鉄会」が開催されました。

 27名の参加者を得まして盛会に執り行うことができました。その総会におきまして3万円を「上嘉鉄魂編集者」へご寄付をすることが承認されましたのでご連絡申し上げます。

 少額ですが、お役に立てていただければと存じます。

 ご賛同頂いた出席者並びに関東上嘉鉄会の名簿を同封いたしました。
(名簿略)

 東京も暑い日が続いております。酷暑の折柄、十分ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

                 敬具
 関東上嘉鉄会 会長 福永 永廣

        幹事長 森田 悦史


平成14年9月 「上嘉鉄魂」第52号 掲載



posted by hathitu at 06:22| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

名瀬郷友会からのお知らせ

 名瀬郷友会からのお便り

 残暑厳しい日々が続いている昨今ですが、益々ご清祥のことと思います。

 さて、毎月送付して戴いている「上嘉鉄魂」楽しく拝読しています。誠に意義深い「上嘉鉄魂」の取り組みに感動し、皆さんのご努力に頭の下がる思いです。

 お陰様にて私たち故郷を後にした者にとっては、島の行事、出来事等、島の様子を知ることができ、この上もない喜び、懐かしさが甦ります。有り難うございます。

 今後もお互い連携を取りながらできるかぎり故郷との繋がりを密にして、視野を広め、少しでも郷友会の存立発展の為に役立て貢献ができればと思っています。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 私たち名瀬在住上嘉鉄郷友会も発足以来45年も続いております。名瀬に数多くの喜界集落の出身者がいますが、「八月踊り」「運動会(レクリエーション)」「敬老会」の三大行事を毎年実施しているのは、私たち上嘉鉄の郷友会だけだと全会員が自負しているところです。

 これは根強い故郷志向が異郷の地での故郷に思いを馳せる気持ちが人一倍故郷を偲ばせると同時に、先輩諸兄の活躍と確固たる基礎を築いてくれたものだと思うと皆さんに深々と頭を下げざるを得ません。

 わたしたちの郷友会も時代と共に二世参加が少なく高齢者が多くなり心配しているところです。

 特に八月踊りの件につきましては年輩の歌者、踊り手が少なく持続が心配されましたが、上嘉鉄八月踊り保存会のみなさんの心温まる、数回の来瀬ご協力により、一層の盛り上がりをもたらしてくれました。

 その後は皆さんの励ましによりどうにか自分たちにもやればできるものだという自信を持ちました。保存会の皆さんに改めて心からこの紙上でお礼申し上げます。

 近年中にも私たち名瀬郷友会会員も島に行き、共に交流を深める機会を持ちたいと思っています。その時はよろしくお願いいたします。

 最後に「上嘉鉄魂」を讃えると共に皆様のご多幸をお祈りいたします。

       名瀬在住上嘉鉄郷友会 会長 盛山 弘一




平成11年9月1日 「上嘉鉄魂」第16号 掲載
posted by hathitu at 07:42| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

沖縄郷友会からのお便り

 暑中お見舞い申し上げます。

 平素はご無沙汰しておりますことをお許しください。どうぞ健康な汗で,お元気にお過ごしください。

 さて,貴殿より度々「上嘉鉄魂」をお送りいただきながらお礼を申し上げず,今日まで失礼しておりますことを深くお詫び申し上げ,併せて,厚くお礼申し上げます。

 去年は,生島さんが八月踊り保存会の方々を連れて来沖し,今までかつてない親睦会を催して下され全く夢心地で感無量でした。

 日頃故郷の方々と接する機会がない私ども,在沖縄の郷友たちは郷愁の念にかられました。

 その余韻は今も残っています。私も島を離れて,いつの間にか45年の歳月が経ちました。

 その間,愛郷の念を抱きながら何一つお役に立てなくて深く恥じ入る次第です。

 時は流れ世は変わり,島の生活も都会並みとなり,あらゆる面で様相が一変しましたが,常に変わらない島人の人情は尊いものです。

 過疎化の中で若者も少なくなった島でも,あらゆる活動で活性化に努力しておられる貴兄に心から敬意を表します。

 他方,在沖縄の郷友は,各市町村別の活動はありますが集落単位の活動は乏しく特に上嘉鉄は,一世が10世帯ですので何らの活動も致しておりません。

 その事について折りにふれて何とかしなくてはと思いながらも誰からも声がなく私も何かと雑事に紛れて立ち上がれません。

 在阪の上嘉鉄親和会などは活発に活動しており羨ましく思っています。

 我が上嘉鉄は喜界島の中でも教育,スポーツ,農業生産等全ての面で先んじておりその事を誇りに思っています。

 又,皆様の「上嘉鉄魂」も他に類のない活動であり,無私の心でひたすら愛郷の表れであり,在郷者はもとより,私ども在外の者にとっても心の触れ合いの場を提供してくれます。

 長々と虚言になりましたがまずはお礼申し上げると共に今後とも一層のご活躍をよろしくお願い申し上げます。

               沖縄 秋田 秋貞


   平成11年10月1日(金)「上嘉鉄魂」第17号

posted by hathitu at 07:45| Comment(0) | 郷友会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」のTOPへ戻る
関連サイト・ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。