2009年04月04日

ふるさと T

 ふるさと
秋田 秋貞
 私は郷里喜界島を「誰が名付けた百之台、眼下に見下ろす海原広く、磯打つ白波島を彩る」と詠んだ。

 それは奄美百景の一つである百之台が喜界島の代名詞であろう。狭義の郷里(ふるさと)は、上嘉鉄が私のふるさとである。

 いつしか沖縄在住半世紀余、島をはなれたのは、昭和28年5月、大きな夢をふくらませて渡沖した。

「こころざしをはたして、いつの日にか帰らん」・・・と来沖以来、片時も島を忘れることなく郷愁の毎日でした。

 
 そのこころざしは果たせず、平成の浦島になってしまった。浦島太郎はお土産の玉手箱を持ってふるさとへ帰ったが私は持って帰る玉手箱がなく帰れなく沖縄で白髪の翁さんになった。

 子や孫たちに残す財もないので先人たちが残して下さった尊い文化遺産の方言(しまゆみた)を伝承し親(先祖)のふるさとを知る一端として、上嘉鉄の方言3800語を美代イシ姉のご協力を得て、収録した。

 まだまだ多くの未収録語があり満足できるものではない。単に子や孫たちの為ばかりでなく、私自身、急に思い出せない方言が多々あり認知症にならないうちにと大急ぎで作成したものである。

 盛山末吉先生の「しつる村」や上嘉鉄魂編集委員代表の西島常吉先生の方言の語源。語意の解説などの学術的なものと異なって、私はただ日常語を羅列したものである。

 私は、その方言集の初頭に「ふるさと・・・とは人の心の行きつくところ」と書いた。それは私なりの一言での表現である。

 一般的な相場は、「ふるさとは遠くに在りて思うものなり」という。「人の心の行きつくところ」という所以は、ふるさとをはなれて何十年も音信不通の人がひょっこりふるさとへ帰ってくる。

 これは小説ではなく現実である。どんな小島、寒村であっても真に心を癒してくれるのは、ふるさとであるからである。

 この続きは、「ふるさと U」で掲載します。


 
posted by hathitu at 17:42| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年04月05日 13:49
 コメントしていただきありがとうございます。

 またまた見てください。

ぼちぼち掲載していきます。
Posted by 管理人 at 2009年04月06日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

■2008年12月■ ■2009年1月■2009年2月■
RSSへのリンク新着情報をお知らせします。RSSをお持ちの方はぜひご登録ください。
■関連サイト、ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へもよろしく■
サイト内検索ご利用ください。気になる言葉を入力するとお探しの記事がヒットします。

2009年04月04日

ふるさと T

 ふるさと
秋田 秋貞
 私は郷里喜界島を「誰が名付けた百之台、眼下に見下ろす海原広く、磯打つ白波島を彩る」と詠んだ。

 それは奄美百景の一つである百之台が喜界島の代名詞であろう。狭義の郷里(ふるさと)は、上嘉鉄が私のふるさとである。

 いつしか沖縄在住半世紀余、島をはなれたのは、昭和28年5月、大きな夢をふくらませて渡沖した。

「こころざしをはたして、いつの日にか帰らん」・・・と来沖以来、片時も島を忘れることなく郷愁の毎日でした。

 
 そのこころざしは果たせず、平成の浦島になってしまった。浦島太郎はお土産の玉手箱を持ってふるさとへ帰ったが私は持って帰る玉手箱がなく帰れなく沖縄で白髪の翁さんになった。

 子や孫たちに残す財もないので先人たちが残して下さった尊い文化遺産の方言(しまゆみた)を伝承し親(先祖)のふるさとを知る一端として、上嘉鉄の方言3800語を美代イシ姉のご協力を得て、収録した。

 まだまだ多くの未収録語があり満足できるものではない。単に子や孫たちの為ばかりでなく、私自身、急に思い出せない方言が多々あり認知症にならないうちにと大急ぎで作成したものである。

 盛山末吉先生の「しつる村」や上嘉鉄魂編集委員代表の西島常吉先生の方言の語源。語意の解説などの学術的なものと異なって、私はただ日常語を羅列したものである。

 私は、その方言集の初頭に「ふるさと・・・とは人の心の行きつくところ」と書いた。それは私なりの一言での表現である。

 一般的な相場は、「ふるさとは遠くに在りて思うものなり」という。「人の心の行きつくところ」という所以は、ふるさとをはなれて何十年も音信不通の人がひょっこりふるさとへ帰ってくる。

 これは小説ではなく現実である。どんな小島、寒村であっても真に心を癒してくれるのは、ふるさとであるからである。

 この続きは、「ふるさと U」で掲載します。


 
posted by hathitu at 17:42| Comment(2) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年04月05日 13:49
 コメントしていただきありがとうございます。

 またまた見てください。

ぼちぼち掲載していきます。
Posted by 管理人 at 2009年04月06日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」のTOPへ戻る
関連サイト・ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。