2009年04月01日

久々に参加した盆踊り

 この夏、久々にシマの盆踊りに参加する機会がありました。「はにく」から聞こえるシマ歌やサンシン・テーコーの音に胸の高鳴りを押さえられず、会場へ急ぎ、感動と感謝の思いで参加することでした。

 「ふるさとは遠くにありて思うもの、そして・・・・」という句もありますが、伝統的な行事に直接参加することによってシマの良さを肌で感じ取り、ふるさとを再発見する良い機会になりました。

 踊りの輪の中では、幼児からアジー・アンマーまで多くの人々が渾然一体となって、踊りそのものを楽しんでいる姿に大きな感動を覚えました。

 踊る人、見る人と参加の方法はそれぞれであったにしても、会場のみなさんの気分は最高潮に達していたのではないでしょうか。

 また、踊りの輪の中に加わっているのは、上嘉鉄のみなさんだけでなく喜界島全島から、さらには町内の事業所に勤務しておられる島外の方々もおおぜい参加しているとのことでした。

 これは、シマの盆踊りが「全島一番」として毎年大きな盛り上がりを見せている証拠であると思います。

 このような素晴らしい盆踊りを企画し、シマ全体を盛り上げている青年団の皆さん方に心から敬意を表します。

 そして、昼間の仕事で疲れている体に自らむち打ちながら、踊りの創作や会場の設営をやりとげた青年団に「よくやった、ご苦労様、ありがとう」と心からエールを送ります。

 さらに、青年団の活動を側面から支援しているのが、青年団OBをはじめ婦人会や帰省中の学生など全ての地域住民の皆さん方であるというところに大きな意義を見いだすとともに、何十年も続いている伝統の重さを改めて思い知ることでした。

 この盆踊りは、単に踊りを楽しむということだけでなく、潤いと活力に満ちた地域づくりや青少年の健全育成などに計り知れない効果をもたらしていると確信します。

 盆踊りの体験は、私の心の財産として蓄積されるとともに、明日からの仕事の大きなエネルギーとなります。

 シマの皆さんありがとうございました。

鹿児島 春岡 岩夫


平成12年9月「上嘉鉄魂」第28号 掲載


posted by hathitu at 13:55| Comment(0) | 上嘉鉄の盆踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

■2008年12月■ ■2009年1月■2009年2月■
RSSへのリンク新着情報をお知らせします。RSSをお持ちの方はぜひご登録ください。
■関連サイト、ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へもよろしく■
サイト内検索ご利用ください。気になる言葉を入力するとお探しの記事がヒットします。

2009年04月01日

久々に参加した盆踊り

 この夏、久々にシマの盆踊りに参加する機会がありました。「はにく」から聞こえるシマ歌やサンシン・テーコーの音に胸の高鳴りを押さえられず、会場へ急ぎ、感動と感謝の思いで参加することでした。

 「ふるさとは遠くにありて思うもの、そして・・・・」という句もありますが、伝統的な行事に直接参加することによってシマの良さを肌で感じ取り、ふるさとを再発見する良い機会になりました。

 踊りの輪の中では、幼児からアジー・アンマーまで多くの人々が渾然一体となって、踊りそのものを楽しんでいる姿に大きな感動を覚えました。

 踊る人、見る人と参加の方法はそれぞれであったにしても、会場のみなさんの気分は最高潮に達していたのではないでしょうか。

 また、踊りの輪の中に加わっているのは、上嘉鉄のみなさんだけでなく喜界島全島から、さらには町内の事業所に勤務しておられる島外の方々もおおぜい参加しているとのことでした。

 これは、シマの盆踊りが「全島一番」として毎年大きな盛り上がりを見せている証拠であると思います。

 このような素晴らしい盆踊りを企画し、シマ全体を盛り上げている青年団の皆さん方に心から敬意を表します。

 そして、昼間の仕事で疲れている体に自らむち打ちながら、踊りの創作や会場の設営をやりとげた青年団に「よくやった、ご苦労様、ありがとう」と心からエールを送ります。

 さらに、青年団の活動を側面から支援しているのが、青年団OBをはじめ婦人会や帰省中の学生など全ての地域住民の皆さん方であるというところに大きな意義を見いだすとともに、何十年も続いている伝統の重さを改めて思い知ることでした。

 この盆踊りは、単に踊りを楽しむということだけでなく、潤いと活力に満ちた地域づくりや青少年の健全育成などに計り知れない効果をもたらしていると確信します。

 盆踊りの体験は、私の心の財産として蓄積されるとともに、明日からの仕事の大きなエネルギーとなります。

 シマの皆さんありがとうございました。

鹿児島 春岡 岩夫


平成12年9月「上嘉鉄魂」第28号 掲載


posted by hathitu at 13:55| Comment(0) | 上嘉鉄の盆踊り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」のTOPへ戻る
関連サイト・ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。