2009年03月19日

尚徳王の喜界島平定(1466)

 『しまぬゆ 1 1609年 奄美・琉球侵略』を読むと

島の歴史にくわしくなりますよ。P91に琉球の尚徳王が喜界島を攻めたときのことが詳しく書かれています。

 尚徳王には兄二人がいたらしい。その兄たちを差し置いて三男の尚徳が王位を継いだのは21歳のときだそうです。


 兄二人は、謀反人、護佐丸の娘の子であったため、敬遠され王位にはつけなかったらしい。

 尚徳王は、1441年の生まれ、喜界島に攻めたのが21歳の若さです。

王位継承に疑問をもつものもいるなか、その者たちに自分の実力を見せつけてやるために尚徳自ら、喜界島平定(1466)に出掛けています。

 船50余艇、2000あまりの兵を乗せて喜界島に向かったそうです。

 喜界島の攻防は、『中山世譜』に詳しく書かれています。

 2月25日  那覇港を出発

 2月28日  喜界島至



 当時の船で3日間かかったことになります。

 喜界島の抵抗は激しかったらしい。矢石飛ぶこと雨の如く一歩も進むころができなかった。尚徳王は大いに怒り軍兵を励まし攻撃させたが、多数の死傷者を出したと書かれています。 


 尚徳王は、3月5日、奇襲作戦にでます。島の背後にまわるように炬火(きょか)を手に持たせて、軍を分けるように見せかけた。

 喜界島の兵士は、あわてて島の背後にまわったらしい。その隙を見て尚徳王の軍勢は、一気に上陸し、火を放って家を焼き、気勢をあげたらしい。

   


ラベル:尚徳王
posted by hathitu at 05:46| Comment(0) | 喜界島の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

■2008年12月■ ■2009年1月■2009年2月■
RSSへのリンク新着情報をお知らせします。RSSをお持ちの方はぜひご登録ください。
■関連サイト、ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へもよろしく■
サイト内検索ご利用ください。気になる言葉を入力するとお探しの記事がヒットします。

2009年03月19日

尚徳王の喜界島平定(1466)

 『しまぬゆ 1 1609年 奄美・琉球侵略』を読むと

島の歴史にくわしくなりますよ。P91に琉球の尚徳王が喜界島を攻めたときのことが詳しく書かれています。

 尚徳王には兄二人がいたらしい。その兄たちを差し置いて三男の尚徳が王位を継いだのは21歳のときだそうです。


 兄二人は、謀反人、護佐丸の娘の子であったため、敬遠され王位にはつけなかったらしい。

 尚徳王は、1441年の生まれ、喜界島に攻めたのが21歳の若さです。

王位継承に疑問をもつものもいるなか、その者たちに自分の実力を見せつけてやるために尚徳自ら、喜界島平定(1466)に出掛けています。

 船50余艇、2000あまりの兵を乗せて喜界島に向かったそうです。

 喜界島の攻防は、『中山世譜』に詳しく書かれています。

 2月25日  那覇港を出発

 2月28日  喜界島至



 当時の船で3日間かかったことになります。

 喜界島の抵抗は激しかったらしい。矢石飛ぶこと雨の如く一歩も進むころができなかった。尚徳王は大いに怒り軍兵を励まし攻撃させたが、多数の死傷者を出したと書かれています。 


 尚徳王は、3月5日、奇襲作戦にでます。島の背後にまわるように炬火(きょか)を手に持たせて、軍を分けるように見せかけた。

 喜界島の兵士は、あわてて島の背後にまわったらしい。その隙を見て尚徳王の軍勢は、一気に上陸し、火を放って家を焼き、気勢をあげたらしい。

   


ラベル:尚徳王
posted by hathitu at 05:46| Comment(0) | 喜界島の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」のTOPへ戻る
関連サイト・ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。