2009年03月02日

短歌・・・美代 イシ

※ 才なきを省みずして短歌(うた)の門をたたかんとする身の恥ずかしき

※ 脳梗塞身に負うて三年(みつとせ)人生の卒業(おえる)まではせめて呆けまい

※ 吾ながらまさかまさかの脳梗塞神の与えし才月と諾(うべな)う

※ 右ひだり十八回上げて自らの手にて着替えしズボンに満足

※ 走馬灯廻しつつ書く年賀状イス吾の生きてる証(あかし)

※ 年明けてなお前向きに生きようと胸深く誓う車イスの吾

※ 若さ故暮らしの故に過去(かこ)ありき孫四人くれし嫁に感謝

※ 出来るかなやって見ろよと徐(おもむろ)にやって出来たと吾悦(えつ)に入る

※ 目も見えず耳聞こえずデーケアにひと日(ひ)越す汝に習慣(ならい)の握手

※ 戦(いくさ)終(お)え四方八方めぐる六十一年君住む黄泉(よみ)でゆるり語ろう

上中 美代 イシ


平成18年10月「上嘉鉄魂」第101号 掲載


ラベル:短歌 美代 イシ
posted by hathitu at 12:44| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

■2008年12月■ ■2009年1月■2009年2月■
RSSへのリンク新着情報をお知らせします。RSSをお持ちの方はぜひご登録ください。
■関連サイト、ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へもよろしく■
サイト内検索ご利用ください。気になる言葉を入力するとお探しの記事がヒットします。

2009年03月02日

短歌・・・美代 イシ

※ 才なきを省みずして短歌(うた)の門をたたかんとする身の恥ずかしき

※ 脳梗塞身に負うて三年(みつとせ)人生の卒業(おえる)まではせめて呆けまい

※ 吾ながらまさかまさかの脳梗塞神の与えし才月と諾(うべな)う

※ 右ひだり十八回上げて自らの手にて着替えしズボンに満足

※ 走馬灯廻しつつ書く年賀状イス吾の生きてる証(あかし)

※ 年明けてなお前向きに生きようと胸深く誓う車イスの吾

※ 若さ故暮らしの故に過去(かこ)ありき孫四人くれし嫁に感謝

※ 出来るかなやって見ろよと徐(おもむろ)にやって出来たと吾悦(えつ)に入る

※ 目も見えず耳聞こえずデーケアにひと日(ひ)越す汝に習慣(ならい)の握手

※ 戦(いくさ)終(お)え四方八方めぐる六十一年君住む黄泉(よみ)でゆるり語ろう

上中 美代 イシ


平成18年10月「上嘉鉄魂」第101号 掲載


ラベル:短歌 美代 イシ
posted by hathitu at 12:44| Comment(0) | 投稿記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
喜界島上嘉鉄の集落誌「上嘉鉄魂」のTOPへ戻る
関連サイト・ウモーリよ!「結い」の島・喜界島へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。